09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

読書遊民

ブログ主が自身の研究のために読んだ本、あるいは気になって調べた本の感想をアップします。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

プログラムの性質 

再配置可能(リロケータブル)






主記憶上のどこに配置しても実行することができるという性質をリロケータブルという。




再配置可能(リユーザブル)






主記録上にロードされて処理を終えたプログラムを再ロードすることなく繰り返し実行できるという性質をリユーザブルという。





再入可能(リエントラント)





再ロードすることなく繰り返し実行できる再使用可能プログラムにおいて、複数のタスクから呼び出しても互いに干渉することなく同時実行できるという性質。




再帰的(リカーシブル)
実行中に自分自身を呼び出すことができるという性質。
スポンサーサイト

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

tb 0 : cm 0   

データを整列させるアルゴリズム 

基本交換法(バブルソート)
基本選択法(選択ソート)
基本挿入法(挿入ソート)









バブルソート
隣接するデータの大小比較必要に応じて入れ替えることで、全体を整列させる。

選択ソート
対象とするデータの中から最大値もしくは最小値のデータを取り出して先頭データと交換。これを繰り返すことで全体を整理させる。

基本挿入法(挿入ソート)
まず対象とするデータ列を整列済のものと、未整列のものにわける。好セールスの側からデータを1つずつ整列済み列の適切な位置に挿入して全体を成立させる。

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

tb 0 : cm 0   

コンピュータプログラムと著作権法 

著作権法上、保護されるものはどれか?

①データベース
②プログラムを作成するノウハウ
③著作物を作成するために用いるプログラム言語や規約











答え,①

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

tb 0 : cm 0   

ハッシュ値の問題 間違い直し 

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

tb 0 : cm 0   

パリティーチェック 

コンピュータを細切れにして送っている。しかし、ケーブルの上を流れるのは、あくまでも単なる電気的な記号のみ。転送距離が長ければ、信号は減衰していき、データに誤りが生じる。

そこでパリティチェックを用いて誤りを検出する。

パリティチェックでは送信するビット列に対して、パリティビットと呼ばれる検査用のビットを付加することでデータの誤りを検出する。

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

tb 0 : cm 0   

共通フレーム2007の企画プロセスの目的 

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

Tag: 基本情報技術者 
tb 0 : cm 0   

プログラムのテストの種類 

Category: 勉強したこと 基本情報技術者

tb 0 : cm 0   

プログラムのテストの種類 

Category: 情報技術関連

tb 0 : cm 0   

需要予測の基礎知識 

時系列を構成する変動要素

傾向変動
長期的に認められる一定の増加、または減少傾向を示す変動

季節変動
天候や気温などの自然現象や、社会慣行によって影響を受ける変動で、通常は一年の周期をもつ

循環変動
景気変動のように、数年から10年程度までの周期的な変動

不規則変動
上記の変動要素では説明できない偶発的な変動

Category: 情報技術関連

tb 0 : cm 0   

PMBOKについて 

プロジェクトマネジメントの世界的な標準にはPMBOKがあり次のような知識エリアが定義されている。

総合マネジメント
スコープマネジメント
タイムマネジメント
コストマネジメント
品質マネジメント
人的資源マネジメント
コミュニケーションマネジメント
リスクマネジメント
調達マネジメント

統合マネジメントでは全体の統合、調整を行う
スコープマネジメントでは必要作業洗い出しと変更の管理を行う
タイムマネジメントでは所定の時期に完成させるための管理をする
コストマネジメントでは決められた予算内で完成させるための管理を行う
品質マネジメントでは要求事項を確実に満たすための管理を行う
人的資源マネジメントではチーム編成育成の管理を行う
コミュニケーションマネジメントでは情報の収集、蓄積、伝達の管理を行う
リスクマネジメントではリスクの対応策の策定及び管理を行う
調達マネジメントとは機材や人の調達及び外部への業務委託の管理を行う

定量的なデータによって開発状況の実態を把握し、プロジェクトに悪影響当たることがないように未然に防止することも大切である。
定量的なデータとしては開発工程での作業成果物の生産データ、品質データ、進捗データを使用する。

Category: 情報技術関連

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。