06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

読書遊民

ブログ主が自身の研究のために読んだ本、あるいは気になって調べた本の感想をアップします。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

規模の経済性と経験曲線効果 

経営学系の問題でよく出題されるのが、経験曲線効果と規模の経済性の違いだ。

経験曲線効果は累積生産量が増大するに従いコストが減少していくことであり、規模の経済専門生産規模の拡大により単位当たりのコストが下がることである。

経験効果が生じるのは、習熟による労働者の能率向上、作業の標準化と作業方法の改善、製造工程の改善、生産設備の能率向上、活用資源ミックスの変化、製品の標準化、製品設計の合理化などの理由による。

規模の経済は帳面上の問題(静的)だが、経験曲線効果はヒューマンパワーが大きく関与している(動的)。

試験などでは焦って混乱してしまう問題。管理人も何度も罠にかかってきました。
単純に点をとるだけなら、「規模の経済は単位当たりのコストの低下!それ以外のことがかかれていたら経験曲線効果!」ぐらいの気持ちでいいかも!?
スポンサーサイト

Category: 経済

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。